2009年01月07日

銀行、ローン返済期間を間違う。

あけましておめでとうございます。
今年は、我が家にとって記念すべき年になりそうです。
初めての一棟もの大家さんになれる年だからです。

さて、前回、2つの銀行から融資が下りていて、
そのどちらに決めるか検討していると書きました。

地銀Aは、年利2.4%の15年ローン。
一方地銀Cは、年利2.2%の14年ローン。

金利も違うけど、オットはこの1年の違いをどうとるべきか、
どっちが得なのかをずーっと考えてました。

で、仲介業者の担当者へ、
「この14年というのは、銀行がまちがえてるんじゃないか」
と指摘したらしい。
でも業者は、
「資料はすべて渡してるし、銀行が間違えるわけないでしょう」
と言っていたらしいです。

その後、地銀Cから直接電話がかかってきました。
やはり、1年期間を間違えていてて、15年ローンができるらしいのです。

今回の一棟ものは、平成元年に登記がなされたと登記簿に書いてありますが、
前年の昭和63年に建築確認の認可が下りたという書類が別にあったそうです。

銀行は、RCの建物は35年を耐久年数と見ているため、
35年から築年数21年を引くと、残りは14年と計算したみたいです。
築年数の起算は、登記の年からなのに、
建築確認の認可が下りた年からだと、勘違いもしくは間違えてたらしいのです。

1年の違いは、大きい。
こんな大切なこと、銀行でも間違えることがあるんですね。
というか、オットが見破るものすごいと思いますけど(^_^;)


banner_fuji.gif




posted by モモ at 15:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 融資への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112277200
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック