2009年03月04日

管理会社の変更

一ヶ月近くも、更新せずスミマセン・・・

一棟マンションの管理については、あれから
スッタモンダがありまして、
結局、2月に、私たちは管理会社を変えました。

なぜ知り合いだった管理会社にお願いするのを辞めたのか?

こちらが管理料を、家賃総額の2%でお願いしたことも、
安すぎたのかもしれませんが、了解の上だったし、

相手の迷惑を承知の上で、ドタキャンしてしまった理由は、

1.毎月の管理料と別に、退去のときにも別途かかるといわれた。
2.1月の内に、2月入居が決まっていた3部屋分についても、それぞれ
  1ヶ月分の仲介料がほしいと言われた。総額18万ぐらい。
  (この会社は募集も何もしていないのに)

などなど。
つまり、管理料が安いからか、
いろいろな場面でお金をとろうとしていたのが、わかったからなんです。

他の管理会社に問い合わせたら、1と2は取らないと言ってました。

管理自体は、一生懸命やろうとされいたようなのですが、
これから先、毎回お金のことでもめるのはイヤだと思い、
思い切って、断りの電話を入れたのです。

相手は、憤りをあらわにし、
「これだけバタバタ動いたのだから、1日1万はきっちりもらいますよ!」
と大声で言ったそうです。

1日1万というと、8日間なので8万になります。
まだ全入居者に告知もする前で、一体何をそんなに動いたのかと思いました。
その場では、負い目もあり、一応了解してしまいました。

その後、考えれば考えるほど、まだ管理が始まってもいないのに、
どうして1日1万も払わなければならないのか、
せめて1ヶ月分の管理料として、3万(約3%)で良いのではないか。
口頭での契約はしたけど、書面は交わしてないので、8万は払いすぎだと、思えてきました。

それで、私が再度、相手に電話して、
3万で了承してほしい、と伝えたところ、
相手はまた怒り出し、言葉を荒げましたが、
何とか3万でカタをつけました。

新しい管理会社は、3%でお願いしました。
その代わり、退去のときも金額は発生しません。

前の管理会社に鍵などをもらいに行ったら、
古いビルの中にポツンと会社があり、あまり「良い」感じは
しなかったそうです。

今回は、いやな思いもしましたが、よく勉強になりました。

知り合いだから安くしてくれると甘い考えだったこと。
知り合いだからと、やみくもに信頼してはいけないし、
大手の会社ではないのなら、会社も見にいくべきだったこと。
金額面でのいろいろな条件を確認してから、仕事を依頼するべきだったこと。


新しい管理会社が、とても良くやってくれるかどうかはまだわかりませんが、
少なくとも、前の会社を断って本当によかったと思ってます。










posted by モモ at 12:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸管理の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック