2016年03月08日

ナナコカード2枚にクレジットチャージして、固定資産税を20万円まで払う方法とは?

やっと固定資産税4期分の支払いが終わって、ほっと一息。
と思ったら来月はもう4月。またすぐ新年度の4期分が送られてきますね。。。
固定資産税を現金で払いたくない、クレジット払いにしてポイントもゲットしたい。
そんな大家さんの願いにこたえてくれる強い味方がナナコカードです。

ナナコにクレジットカードでチャージして、セブンイレブンに固定資産税納付書を持っていけば支払いができて、おまけにカードのポイントもつくという便利なサービスです。
年間で、数万、数十万と言う金額を払う方なら、ポイントの額もばかになりません。

さてこのナナコカード、クレジットチャージできるのはメリットなのですが、さまざまな制限があります。
例えば、1回のチャージ残高は5万円まで。センターお預かり分も含めると1回の税金支払いが10万円までしかできません。例えば納付額が198,000円だとすると、残り98,000円は現金で支払うしかありません。

そのほかにも一か月のチャージ金額は20万円以内とか、1日のチャージ限度額は5万円までとか。
いくつもある、この複雑な条件をかいくぐってクリアしながら、たどり着いた最もメリットのある支払い方が、

ナナコカードを2枚駆使して、固定資産税20万円までを1回で支払う方法です。

ナナコカード1枚では10万円までしか支払えませんが、なんとレジのその場で2枚のナナコカードを使い、
198,000円の税金が支払えるのです。

ナナコカードで198,000円の固定資産税を払う方法

その手順は、まず準備として自分と家族のナナコカードを用意して、それぞれに10万円(マネー残高5万円、センターお預かり分5万円)になるように忘れないようにチャージしておきます。

セブンイレブンのレジへ行き、1枚のナナコカードで、残高50,000円とセンターお預かり分50,000の合計10万円を支払います。

「あと98,000円お支払いをお願いします」

とレジの人に言われたら、
「じゃあ、これで」ともう1枚のナナコカードを差し出します。

レジの人は
「はい、わかりました」とスムーズに処理してくれます。
あとは残りの金額をマネー残高とセンターお預かり分で支払うだけです。

これで198,000円分のポイント=1%としても1,980円をゲット!

この方法に実は、最近気づいたので、もっと早く気づいておけばよかったー!と後悔してるのでした。

注意する点としては、少しレジの操作が複雑になるので、セブンイレブンのアルバイトさんだと

「できません」とかいうパターンも多いです。

だから店長さんクラスにしてもらうほうがベターです。

必ずできます!

ナナコカードにチャージできるクレジットカードは限られていて、
わが家が使っているのはリクルートプラスカード。

なんと2%もポイントがつきます!

ただ、これも今年の9月でポイント率が0になるらしいです。改悪ですね。。

年会費もかかるので、今から入会するのはあまりお得ではないと思われます。

それ以外だと、
楽天カード(JCB)とリクルートカード(VISA)が、おすすめです。

楽天カードだと、ポイント還元は1%です。

入会特典として、1回利用すると5000ポイントがもらえます。
年会費無料で、楽天市場の商品が買えるし、楽天ブックスで送料無料で新刊も買えます。
楽天トラベルでホテルも予約できるので、楽天カードは結構使えますよね。
書類審査は郵送ではなく、ネット上でできるので便利です。

注意点としてカードを作る際は、VISAだとナナコにはチャージできないので、必ずJCBを選んでくださいね。 

楽天カードのもっと詳しい説明はこちら ↓




リクルートカードは、なんとポイント還元率1.2%です。

リクルートポイントは、じゃらんネットでホテル代に使える他、ホットペッパービューティ、ポンパレモールなどでも使えてお得ですよね。


リクルートカードのもっと詳しい説明はこちら ↓

リクルートカード_PC



さあ、今年も税金どーんと来い!なーんてね。




posted by モモ at 09:16 | お得・便利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


スポンサードリンク