2016年02月17日

青色申告進んでますか。節税対策で小規模企業救済について聞いてみました。

今年から青色申告にしました。
昨年までは白色だったので、帳簿付けは本当に大変ですよね。
こんなことなら、もっと早くに講習会に通っておけばよかった。。
特に決算書をどうするのか、わからないことだらけです。
ウチは税理さんには頼まず自力でやる主義なので、
私の乏しい経理マインドを総動員しなければ。。。

会計ソフトの使い方がわからなくてサポートに電話して聞いて、気絶しそうになりながらも、
何とかある程度申告書を仕上げて、税理士さんの無料相談に持ち込んでみました。

27年の確定申告書を見て、
「小規模企業救済は、入られてませんね。これは掛け金がすべて課税所得から控除されるんですよ。
節税対策としては良い方法なんですよ」
とのこと。

小規模企業救済とは、公式ホームページによると

「掛金は、全額が「小規模企業共済等掛金控除」として課税所得金額から控除されます。
また、前納期間が1年以内の掛金であれば全額が課税所得金額からの控除となります。
したがって、最高168万円(掛金の限度額7万円×12ヶ月(今年分)+7万円×12ヶ月(翌年分))まで所得控除が可能となります。」

とのこと。

例えば掛け金7万円(最大限度額)としたら、1年で84万円。
仮に課税所得が500万円としたら、84万円が所得控除された416万円が課税所得になります。
その税金の差はなんと255,600円!
1年で255600円が節税できるというわけです。
さらに、翌年分までなら前納できるので、最大7万×24か月=168万円が所得控除されることに。
2年合計で税金は511,200円節税できることに。
掛け金は1万円からで、増額減額は可能です。

ただ一つ、この小規模企業救済のデメリットは、
20年以内に解約すると、元本は8割までしか保証されないということ。
20年間は掛け金納付を継続しないといけないのです。
お金が足りなくて途中で解約するともしかしたら損しちゃうかも。
とりあえず使わない資金をためておく、年金のような考え方だったらベストな方法ですね。
その間も、節税はできるわけですから。

もちろん、もう年が明けたので今からでは間に合いません。
今期はぜひ活用しましょう!










posted by モモ at 13:34 | 初めての青色申告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初めての青色申告。開始残高の「土地」に入れる金額がわからない!

正直、青色申告をなめていました。

昨年、法人を立ち上げて、
決算だけは税理士さんにお願いしたけど、
記帳は自分でしたつもりでいたので、青色申告も自分でできるはず、と。

青色申告を自分でやるということは、決算作業も自分でやるということに
やっと気づいたのでした。

まず会計ソフトの貸借対照表の開始残高に、何の数字を入れればよいのかさっぱりわかりません。
これに悩んでいる人は結構多いみたいです。
ソフトのサポートに電話したり、税理士さんの無料相談で聞いたりしてわかったことは、

・預金通帳の開始残高は、とりあえず期首の金額を書く。

・現金は、期首残高は今となっては不明。。。
だが0ではない。マイナスにならない程度の金額を書く。

・建物などの資産は、未償却残高を書く。

・預かっている敷金の金額などを書く。

・土地は、購入したときの評価額を書けばいい。

・借入金額の前期期末残高を書く。

土地は、購入したときの評価額と同じ金額を、毎年記入するということに、
すごく驚きました。


そうやって貸借の残高の差額を出し、その差額を元入金の欄に記入すれば。

やったー、貸借の金額が一致したわ!

ちょっと未来が明るくなりました。

ちなみに私が使っている会計ソフトは、ソリマチの「会計王」です。
使いやすいと評判で、お値段も安かったですよ。
サポートの電話対応の女性も、とても親切。
わからない仕訳のこともいろいろ教えてくれて
ホント助かりました。

ソリマチ 会計王17 新消費税対応版


感想(1件)












posted by モモ at 22:24 | 初めての青色申告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

初心者でも、スマホだけで簡単に確定申告できる!クラウド会計ソフトならNo1シェアのfreee(フリー)がおすすめ

a0002_003051.jpg


初めて確定申告するとき、また開業して経理処理するときなど、会計ソフトを何にするか迷いますよね。

今までは重たい会計ソフトを買ってきて、インストールして、毎年何万円もするソフトのバージョンアップに対応してと、結構お金がかかって大変でした。

でも最近は、スマホでできるほど簡単で、価格も安いクラウド会計が大流行だそうです。

クラウド会計の中でも、シェアNo1なのが「freee(フリー)」。

全自動の会計ソフトという手軽さが受けて、すでに60万人のユーザーがいるそうです。


 ■クラウド会計ソフト freee(フリー)が人気な理由


@ スマートフォンで、領収書の管理から確定申告までできてしまうほど、経理が簡単にできること。

A全自動なので、むずかしい会計・簿記の知識がいらない。

B初心者でも、ステップに沿って質問に答えるだけで確定申告書類まで作成できる。

C全国3600の銀行・クレジットカードと連携して自動で経理処理してくれる。


実は私は、会計ソフトは「ソリマチ」を使っています。
特に困ったことはないし満足度は高いのですが、サポートや毎年のソフト更新でかなりの金額がかかるんですよね。
でも操作に慣れちゃってるので、今更別のソフトに変えるのも大変。。。

数年前、青色確定申告を始めたころに、このクラウド会計ソフトを知っていたら間違いなく使っていると思います。


30日間の無料お試し期間があるので、自分に合うかどうか気軽に試せますよ。

全自動のクラウド会計ソフト freee(フリー)公式ホームページ






posted by モモ at 02:29 | 初めての青色申告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


スポンサードリンク