2016年03月12日

空室をAir bnb(エアービー)で運営するかも!でもどうやって?3つの方法から選んでみた。

ちょこれーとオットは福岡市の中心部に、築30年ぐらいののRC構造の5階建マンション1棟を所有しています。
2Kなのですが、1室が空室のままなかなか埋まりません。。
そして別のRCマンションの区分1部屋も空室です。
立地が中心部なのがメリットだから、思い切って民泊でやってみてもいいかも!ということに。
最初は、2部屋ぐらいだし個人で運営できるかも。と思ってました。

実は、昨年末に福岡市が期間限定で「民泊OK」を出したときに、福岡市認定物件に応募して自宅で宿泊募集したのは私です。
結果は、問い合わせは何件かあったのですが、タイミングが合わず宿泊にまでは至りませんでした。
初心者なので部屋をきれいに片づけて、フトンカバーやタオルをそろえて、写真を撮って、Air bnbサイトにアップして、と結構大変でした。

今回も、私が「やってみる!」と宣言したのはいいのですが。。。
air bnbのサイトを利用した上手なやり方や実際運営してる人の本などを読んでいくうちに、
いろいろ大変なことに気付きました。

どこが大変そうかというと
部屋の内装、備品の購入、リスティング(物件)紹介の写真や原稿・管理、宿泊者とのメールやチャットのやりとり、部屋に置く注意事項や案内などのウェルカムブックを英語や他の言語で作成すること、鍵の受け渡し管理、清掃などなど。
オットは会社のほうでいろいろ忙しく、私がメインでやることになります。
英語は好きだけど、使いこなすまではいきません。。細かい対応が果たしてできるのだろうか?

でもそれ以上に、給湯が出ない、下の階に水漏れさせたなどの急なトラブル、近隣とのトラブル、修理費がかさんだときなどに英語でまともに交渉できるのか?多分私が?いや無理でしょう(汗)ということになりました。

そこで

@個人で民泊を運営する。

A民泊運営をする人に部屋を貸して、家賃収入だけを得る。

B代行業者に民泊運営を任せて、手数料以外を収入とする

上の3つの選択肢から、わが家はBの代行業者さんにまかせることを選ぶことにしました。

ではどこの代行業者さんにしよう?
今は、さすがに民泊ブームが到来しているとあり、さまざまな業者さんがいます。
業者さんを集めたポータルサイト民泊ナビ
もありました。
その中の業者さんにも問い合わせはしましたが、まだ返事がありません。きっと忙しいのでしょうね。

そうこうしているうちに、ちょこれーとオットが、知り合いの男性にこの話をしたところ、
彼が起業して、民泊運営会社を設立するといういうのです。
将来性抜群の若者です。その会社にうちの物件もゆくゆくはまかせてみようじゃないかという話になりました。
なんというタイミング!これもご縁ですよね。

今は不動産会社で働いているその彼は、いつか起業したいと思っていたらしく、今回「背中をおしてもらいました!」とやる気満々です。

そこからまだ数日しかたってませんが、会社設立に向かってどんどん事が進んでいるようです。

未来が楽しみになってきました。


こんな無料メルマガも見つけました。エアビーの勉強になります。






さて、最近は

Aの「民泊運営をする人に部屋を貸して、家賃収入だけを得る」

という方法で収入を得ている物件オーナーもたくさんいます。いわゆる転貸ですね。

そしてその部屋を借りて民泊運営する人が主婦の方で、何件も運営しているバリバリのスーパーホストの方もいます。

例えば、その1ルームの家賃が1カ月5万円なら、1カ月で5万円以上の宿泊代が稼げればその分が収入になって、そこから清掃費用や消耗品代などを引いたものが利益になります。

エアービーアンドビーのサイトへのリスティング作業、海外からの宿泊希望者とのやりとり、清掃など、マメに丁寧にできる方なら、民泊運営は主婦の方に向いているのかもしれませんね。

実際、私が知っているスーパーホストさんは、主婦の方でチームを組んで、お互いの空いている時間で都合をつけて清掃業務を行って民泊をされています。

その場合は、不動産業者さんに行って、民泊可能な賃貸物件があるかどうか聞いてみたり、ネットで探したりする方法があります。

チームを組んでおけば、みんなで作業をやりくりして、旅行にも行けるし、子供の行事など急な予定が入っても、助け合えますね。










posted by モモ at 07:23 | Comment(2) | Air bnbについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

空室物件で、エアビーがスタートしました。

ちょこれーとオットの知り合いの若者が、新しく民泊委託会社を起業しました。

大急ぎで会社を登記したので、大変だったと思います。

そしてとりあえず、というか最初のエアビーのリスティングに、オットが所有している物件を使うことに。

委託会社のほうで、イケアやニトリで、ベッドやカーテンや、タオルその他備品を買いそろえてもらい設置しました。

もちろんこの経費は、こちらの負担です。

そしてまずは1部屋リスティングして、予約が入るのを楽しみにまっていたら。。。

ついに第一号のお客さんが予約してくれました!

韓国人のカップルだそうです。

後日、ちゃんと第一号のレビューも書いてくれて、関係者一同ほっと一息。。

新規なので「レビューを増やすことがまず大事」ということで、
予約をとりやすくするために、若干価格を安めに設定していました。

最初だから仕方がないですが、これからまた価格は臨機応変に考えると良いのでしょう。

その後も、数件の予約が入ってきて、なかなか順調な滑り出しのようですよ。

委託会社への委託料は、委託内容にもよりますが、全部委託の場合、宿泊料の約20%を想定しているそうです。

社長も委託物件をどんどん増やしていきたいそうです。

空室でお困りの方がいらっしゃいましたら、その物件が民泊向きかどうかも考えてみてはいかがでしょうか。








posted by モモ at 00:21 | Air bnbについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


スポンサードリンク